2011年 09月 27日
泉台の家
こんなに長い間 休憩するつもりではなかったのに
気がつけば もう9月も最後の週・・・まさに、

少年易老学難成 
一寸光陰不可軽 
未覚池糖春草夢 
階前梧葉已秋声


季節は「秋」、朝夕が寒いくらいになってしまいました。

突然ではありますが
既に完成して 新しい生活も始まっている
「泉台の家」を少し振り返ってみます。

2月5日の現場、
屋根が半分くらい葺けていたので 検査を兼ねて足場の一番上から屋根を確認しています。
完成してしまうと、まず見ることの出来ないアングルですが
最長で約14mの片流れ部分は壮観です。
大部分の屋根は黒に近い色ですが、センターコートから見上げる部分だけは
白っぽい色としています。

d0090733_18402124.jpg

d0090733_1839214.jpg
d0090733_18393063.jpg


3月26日の現場
現場の中で打ち合わせをしていた時、ふとセンターコートを見れば
なにやら 白いものが フワリフワリ・・・
まさか、と 皆で外へ出てみれば 吹雪状態。
もう数日で4月だと言うのに・・・自然の歯車が確実に狂っている
のを 感じる。
d0090733_19181823.jpg
d0090733_1918256.jpg


4月7日の現場
イヨイヨ内部の仕上げ関係にシフトしている頃です。
家具屋さんは 製作に取り掛かるための、現場採寸。
ここは2FのクローゼットSPACEで、完成すると
左の壁全面(約12m)に扉が連続するのですが、
何枚もの扉が スムーズに機能する事は勿論、さらに視覚的・意匠的に邪魔にならない様に
金物はLAMP平面引き違い扉システムを採用しています。


d0090733_19264048.jpg
d0090733_19264959.jpg
d0090733_19265673.jpg


センターコートに一番乗りで 「百日紅」が植えられています。
オーナーさん拘りの植栽で、樹齢30~40年(大雑把)だそうです。
樹形もかなり個性的で、シッカリ自己主張している感じです。
個人的には 株立ちの方が良いと思っていましたが・・でも 楽しみです。

紅い花が次々と開花して長い間(百日)花が楽しめるので この名が付いたと聞きます、花種の少ない夏に咲く百日紅の紅は 特に強烈な印象をあたえます。
d0090733_1927427.jpg


4月14日の現場
床のタイルも貼られ、家具の出来上がりを待つばかりのクローゼットSPACEです。

d0090733_19524456.jpg


1Fの洗面SPACEです、小さな浴槽のような陶器は
私がよく使う実験用陶器で、サイズが760x472x165 と、一般の洗面と比較すると
かなり大きめで 深さもあり、とても気に入って使ってます。
足元にあるのは 洗濯機用の排水接続部で、設置後も邪魔になら無いように位置を検討しています。
d0090733_19525047.jpg
d0090733_19525798.jpg


センターコートでは LED照明取付用の金物が設置されています。
また、コートに降った雨水を処理する為に 両サイドはピットとし最近のゲリラ豪雨にも充分対応できるように計画しています。
d0090733_1953499.jpg
d0090733_19531471.jpg


5月1日の現場(1回目の施主検査)
4月27日の完了検査も問題なくパスして、今日は最初の施主検査日です。

*この後の画像は近々HPにUPする予定です。是非ご覧下さい。
*一足速く PICASAウエブアルバム に、竣工写真をUPしました。

d0090733_2015012.jpg
d0090733_20151260.jpg
d0090733_20152068.jpg
d0090733_20153558.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2011-09-27 20:55 | WORKS


<< ひなたぼっこ      坂 茂 >>