カテゴリ:WORKS( 137 )

2015年 02月 06日
北区 眺望の家
昨年末の上棟風景です。

寒い中、日暮れまで頑張っていただいた
関係者の皆様 
たいへん ご苦労様でした。
現在
3月末の完成に向けて順次進行中ですが
思いつきの設計変更もあったりで・・
現場監督さんには迷惑かけてます。

d0090733_192685.jpg
d0090733_1926177.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2015-02-06 19:35 | WORKS
2015年 01月 25日
Cafe'at HUG
昨年10月に着工していたカフェが完成しました。
神戸市西区・住宅街の一画(敷地500㎡)と言うロケーションに
萩原珈琲店の郊外型直営店として1月21日にOPENしました。
店名は「Cafe'at HUG」Cafe+eatの造語とハグを組み合わせて
コーヒーは勿論食事にも力を入れていることを表現されているようです。
建築的には 周辺環境に配慮しながら、お店として上質な主張ができる
ような建物を目指しています。
木々が芽吹き始める頃に中庭で珈琲を飲むのを 今から楽しみにしています。

神戸市西区学園東町6丁目
TEL/078-202-5609
営業時間/am9:00~pm9:00



d0090733_925348.jpg
d0090733_9251039.jpg
d0090733_9251933.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2015-01-25 10:18 | WORKS
2014年 12月 14日
民家リノベーション
築60年の民家、
リノベーション工事も随分進行しております。
11月末、工事全体ボリュームの2/3を終えて
生活ジーンは使用可能な状態となっております。
現在 現場作業は玄関周りへ移動し、残すところ
10日程度の工程となっております。
お正月は 生まれ変わった空間を楽しんでください。

d0090733_17195663.jpg


                                        壁面は珪藻土コテ押え、床は幅広うずくりパイン21mm(高正)にオスモ塗装仕上げです。
                                        蓄熱暖房機(暖吉くん7Kw) 既に稼働していて、とても快適とのことです。
d0090733_1720357.jpg


                                        今まで隠れていたガイシ(電気工事に使われていた)を意匠として残しました。
                                        これは施主さんの希望でもあります。
d0090733_17201128.jpg


そして、全く関係はないのですが
今年で20周年と言われている 神戸の冬の風物詩(?)
ルミナリエの昼間の表情と、11月末の「今年の秋」です。
d0090733_17471566.jpg
d0090733_17472351.jpg

d0090733_1749728.jpg

d0090733_17513321.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2014-12-14 17:51 | WORKS
2014年 12月 01日
北区 眺望の家
計画変更に続き予算調整に時間を取られていましたが
「眺望の家」が着工しております。
敷地面積としては500㎡と広いのですが
フラットな部分が間口33m・奥行5mという極端な敷地条件のなか
2転3転とした計画もようやく落ち着き
時間的には厳しいのですが、来年3月末を目標に
工事が進んでおります。
d0090733_1343152.jpg


                                  初期案の模型です。
d0090733_13431059.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2014-12-01 13:45 | WORKS
2014年 11月 01日
萩原珈琲店
進行中の萩原珈琲店の直営店
基礎の配筋検査日です。

問題なし、綺麗な仕事でした。

d0090733_18575131.jpg
d0090733_18575986.jpg
d0090733_1858667.jpg


最近のことですが、
私の好きな建築家のひとり「内藤 廣」さんが
自身も審査委員として関与されている、新国立競技場問題について
正式にコメントされた文章を読みました。
物事の真理を求める時の大局的な姿勢、そして明快な思想と主張
改めて? ますます好きになりました。

是非一度読んでみてください。
http://www.naitoaa.co.jp/090701/top/forarchitects.pdf

建築は人間が何がしかの目的を達成するための
手段にすぎない。単なる手段にすぎない建物に特別の意味を
見出した時、人はそれを建築と呼ぶ。

風景の中に溶け込んで、知られないように
ひっそりと当たり前に建っていればいい。

切妻屋根は、その存在自体が不純だ。
初めから純粋さを否定している。人間のわがままさと自然とを
調停し結びつける不純さを、それ自体が表明している。

奥深い言葉が沢山あります。
[PR]

by gimmick_d | 2014-11-01 19:34 | WORKS
2014年 10月 22日
Nonna Nonno
垂水区のCAFE「Nonna Nonno」の工事が
概ね完了に近づいています。

お客様用の駐車場も完成し
昨日 SIGNも所定の位置に設置されたとのこと
でも
一体何のお店なのか・・
道行く人にはまだわからないと思います。

OPENも 11月1日と決定しましたが
あまり仰々しい告知はされないとのこと

住宅街の一角で 偶然発見したお店
なんとなく 惹かれて入ってみた
そこには 懐かしさを感じる空間と
日向ぼっこしてるような時がながれ
ゆったりと 深煎りの珈琲を味わいながら
しばし 日常を忘れていた。

そんなお店になれば、と 思っています。
d0090733_1848162.jpg


                                       打合せのTABLEでお茶を頂いたままのお湯呑みが全く不自然に感じません。
                                       左にあるソファーSET(応接セット)は新築当時から使われていたものです。大切に使われています。
d0090733_1848842.jpg


                                       もともとKITCHENの食器棚として使われていたものを再利用しています。
                                       型板ガラスも50年前のものですが、いま手に入れようとすれば そこそこ高価なものです。
d0090733_18481575.jpg


                                       なんと、50年前の大阪ガスのストーブ。今も現役で使えるそうです。
                                       ということで、インテリアと機能を兼ねてます・・・キット暖かさも一味違うのでしょうね・・・実は楽しみです。
d0090733_18482590.jpg
d0090733_18483477.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2014-10-22 19:12 | WORKS
2014年 10月 15日
民家リノベーション
約、築60年の日本家屋再生の工事が進んでいます。
60年の間に家族構成・生活スタイル・地区環境も
大幅に変化し、その節目ごとに手をいれて対応されてきたものの
やはり、全体としての整合性に問題を感じていた施主さんは
今回大規模なリノベーションを計画されました。


                               今まで天井の裏側で建物を支えていた梁達にいきなりスポットが・・
d0090733_2259479.jpg

                               自然の形を力学的に生かした使われ方、それにしても力強いですね
d0090733_22591175.jpg
d0090733_22591967.jpg

                               土壁の荒壁があちこちに残されていますが、下地として利用して珪藻土仕上げを行ないます。
d0090733_22592789.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2014-10-15 23:09 | WORKS
2014年 10月 05日
傾斜地住宅
傾斜地住宅の提案です。

現況の地盤レベルに添う様に 各室の位置及び
全体の床レベルを計画することで
出来るだけ基礎工事のコストを調整できるように
計画しています。

屋根面も2方向に同一勾配の片流れ屋根を配置し
シンプルな計画です。

厳密には地盤調査を行った上で、基礎を含めた
構造の再調整が必要にはなりますが
結果的にスキップフロアー的な構成となり
各室ともに 緩やかに気配を感じられるプランとなっております。

d0090733_1822170.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2014-10-05 18:06 | WORKS
2014年 10月 01日
萩原珈琲
直営新店の工事がスタートしました。
OPEN予定は、2015年の1月後半になりそうです。
萩原珈琲さんとしては郊外型直営店の第一歩となるお店
設計者としては、責任重大です。

d0090733_8465169.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2014-10-01 08:47 | WORKS
2014年 09月 21日
Nonna Nonno
昭和36年、築53年の住宅をカフェにリフォームの
工事が着工しております。
場所は神戸の垂水区です。

最初におうちを拝見したとき 
昭和の良い雰囲気がそのまま残されていながら
ほとんど手直しの必要を感じないくらい丁寧に
使用されておられることに 感激を覚えました。

オーナー様とも意見が一致して
カフェとしての最低限の設備とお客様用のTOILET
以外は可能な限り 現状維持を心がけての計画です。
店名は「Nonna Nonno」のんなのんの(おばあちゃん おじいちゃん)
とても良い店名です。
暖かくて、居心地のよい お店になりそうです。


                             昭和36年当時の図面が状態よく残されていました。これも住み手の人間性の現れですね。
d0090733_2072990.jpg
d0090733_2073641.jpg


                             お客様用の駐車場確保のため 庭の一部を使用、残念ながら既存の植栽も一部を撤去です。
d0090733_20154260.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2014-09-21 20:18 | WORKS