<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011年 03月 25日
坂 茂
避難所施設の中で、最低限のプライバシーを確保する方法として
建築家の「坂 茂」氏の提案された、紙管と布による簡易間仕切りです。
布一枚なのですが、ストレスは多いに軽減されると思います。
阪神・淡路の震災時には高取教会を紙管によって再建されました。

偶然見つけたブログから写真と文章を拝借しました。


通常、プレファブ住宅が完成するまでの数カ月間、被災者は体育館などの大空間での雑魚寝を余儀なくされ、
まったく プライバシーのない生活を送らなければならない。
そこで避難所用間仕切りシステム1(新潟県中越地震復興支援)と
避難所用間仕切りシステム2(福岡県西方沖地震復興支援)に改良が重ねられた。
壁部分に使用していたハニカムボードに代わり、緊急時でもより早く、
より安く入手できる紙管によるフレーム式とし、壁部分には布を使っている。
紙管のジョイントは、合板を組み合わせてつくり、そこに筋交いとしてロープを掛けるという単純なシステムである。
紙管の長さは柱も梁も共通した180cmとし、家族の人数により必要なサイズに合わせられるようにモジュール化した。
間仕切りシステムを事前に行政がストックしておくことはほぼ不可能であるので、
地震が起きた直後に材料が短時間に安価で用意でき、簡単に組み立てられるシステムとして開発された。

d0090733_21513712.jpg
d0090733_21514536.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2011-03-25 21:56 | 思い
2011年 03月 23日
たつの の家
大安の20日、予定通り上棟日を迎えました。
おめでとうございます。
午後からはあいにくの天候となってしまいましたが、
雨に当らない様にの配慮から、全体をシートですっぽり包まれた
「たつの の家」です。

建前、棟上とは普請を生業にする職人がいる地域では、
棟梁(大工)が中心になり大工の作成した番付表(組み立て手順書の様な物)
を見て鳶職が軸組みの組み立てを行い一番高い棟木を設置する一連の作業を指す。
その最後の作業からその後の儀式を上棟式、棟上式という。

「本音と建前」の語源もここから生まれたようです。

お施主様と関係者が揃って、現場監督さんによる上棟式の始まりです。
d0090733_1111559.jpg

建物の東西南北の隅を お神酒と塩で清めて、
無事に工事が進みますようにとお願いします。
d0090733_11111312.jpg
d0090733_1111207.jpg
d0090733_11112999.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2011-03-23 11:23 | WORKS
2011年 03月 09日
たつの の家
先日、配筋検査へ行ってきました。


最近は、当然とも言えるベタ基礎です。
D13の鉄筋を150@(ピッチ)で配筋
120角の土台サイズから 基礎立ち上がり幅は
余裕を持って150としております。
人通口等の補強筋の確認と、設備配管の位置などを
確認して検査を終えましたが
建物のボリュームを改めて実感し現場を後にしました。

20日の上棟を楽しみにしてます。
d0090733_19205536.jpg
d0090733_192139.jpg
d0090733_19211120.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2011-03-09 19:23 | WORKS