<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2011年 11月 27日
上大野の家
上大野の家が着工しました。
現地は、新しく宅地開発された一角ですが
開発規模的にはそれ程大規模でもないので
生活環境としては良好な場所です。
少し北に向えば 大学のキャンパスもあり
緑も沢山残されています。


地鎮祭
小雨の中の地鎮祭でしたが、心配したほど雨量も多くなく
無事予定通り、執り行われました。
しかし、
現調から7ヶ月ですっかり周囲の景色が変わってしまっているのには驚きました。
確か3月20日、最初の現調にお伺いした時点では、まだまだ空地が
多かったのですが、いつの間にか住宅が立ち並び、住宅街となっています。
d0090733_1646144.jpg


何よりも、ご家族が 気持ちよく・明るく・健康に生活できる家創りを
一番大切に取り組んでいきたいと、いつも思っています。
d0090733_16462365.jpg


配筋検査
全く問題なし。
d0090733_1732623.jpg
d0090733_1733391.jpg
d0090733_1734120.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2011-11-27 17:04 | WORKS
2011年 11月 16日
ススキ
私は、設計をさせていただいた住宅の植栽の一部に
邪魔にならない限り ススキを植えさせていただいています。
時にはシンボルツリーのような位置づけでも使っていますが
植物のなかでは生命力が強く、成長も早く、季節感も感じられる
その上、これ程コストの掛からない植栽も他には無いのでは・・と
とても・とても気に入っています。ただ、
唯一の欠点は、冬には枯れてしまうということですか?

薄(すすき)、尾花(おばな)、茅(かや)

ススキの「スス」は、葉がまっすぐにすくすく立つことを表わし
「キ」は芽が萌え出でる意味の「萌(キ)」だと言われています。
古来からの屋根葺きの材料として活用されたり、
秋の月見のおそなえとして欠かせないものであり
収穫物を悪霊から守り、翌年の豊作を祈願する意味があるとも言われています。


兵庫県神崎郡神河町の、 砥峰高原(とのみね高原)は関西でも有数のススキの群生地
として知られています。
約90haの原野に群生するススキと、湿原は一見の価値があります。

d0090733_20341861.jpg
d0090733_20342842.jpg
d0090733_20343710.jpg

d0090733_20543483.jpg

[PR]

by gimmick_d | 2011-11-16 20:52 | よりみち